自動配線が可能なPCB設計ソフトウェアで時間を節約できる主な理由

男性がベッドで眠っている画像

 

私は長年にわたってPCBの設計に携わっていますが、自宅よりも職場で過ごす時間のほうが長くなっていました。残念ながら、家族はそんな私の日常にすっかり慣れっこです。締め切りが迫っている設計があると、私が夜遅くまで仕事をすることになるのを家族全員がわかっています。ストレスを解消したり、家族といる時間を増やしたりするためには、設計時間を短縮する方法を見つけなければいけないのはわかっていました。

 

つい数週間前のハロウィンも、設計の締め切りと重なってしまいました。ところが、作業は前倒しで完了し、早い時間に帰宅することができました。家族はみんな大喜びです。私たちはトリック・オア・トリートやゲームをして遊び、大笑いしながら楽しい時間を過ごしました。私は家族のヒーローになれただけでなく、その夜は久しぶりにぐっすりと眠れました。予定より早く仕事を終えられたことで家族全員が救われましたが、そこで私が感謝したのはそれまで避けてきたあるもの - そう、オートルーターです。

 

私は何年もオートルーターを使っているため、この機能に対する反論についてもよくわかります。ただし、最近では考えが変わりました。オートルーターは進化し、以前よりもはるかに便利になっているのです。洗練された現在のオートルーターでは、これまでのように紛らわしくて使えない配線だらけの基板が作成されることはなく、特定のニーズに対応します。こうしたルーターの活用方法を一度覚えると、それがどれほど便利か驚かされることでしょう。自動配線によってPCB設計ソフトウェアの世界は変わりました。ぜひ、新しい視点からこの機能を見直してみてください。

 

ブラックボックスの出力と入力のプロセスの画像

かつては謎のブラックボックスだったPCBの自動配線

 

オートルーター: ブラックボックスからPCB設計ソフトウェアへ

多くの設計者は自動配線のことを、自分たちではコントロールできないある種の謎めいたブラックボックステクノロジーだと考えてきました。得体の知れないルーターに設計データを送っても、出てくる結果にがっかりするだけだったのです。ルーターで行われる不適切な配線のせいで、何時間もかけて手動できれいに修正するはめになるのはよくある話でした。こうした問題のせいで、私も含めて多くの設計者がオートルーターを信用できなくなりました。

 

ところが今は話が違います。以前よりも格段に改良されているのです。多くのオートルーターは、サードパーティー製のブラックボックスアプリケーションではなく、PCB設計ソフトウェアに組み込まれています。つまり、すでに設定してあるデザインルールを使えるため、別のアプリケーションと整合させる必要はありません。また、現在のオートルーターはさまざまなモードで機能するため、作業する領域を絞って配線することもできます。その一部をご紹介しましょう。

 

Point-to-pointの自動配線: ネットを単純にPoint-to-pointで接続できます。配線対象のネットを選択すると、デザインルールに従ってトレースが自動的に配線されます。

 

一括自動配線: 私たちが覚えている以前の「ブラックボックス」のオートルーターと似ているものの、最新の一括ルーターでははるかに多くの設定ができます。通常はPCB設計ソフトウェアに組み込まれているため、すでに設定してあるデザインルールを使用すれば、格段に管理しやすくなります。

 

3D回路基板の配線の抽象的なイラスト

設計に役立つ自動配線機能を備えるPCB設計ソフトウェア

 

自動配線機能を備えるPCB設計ソフトウェアはどう設計に役立つのか

同僚から自動配線を見直してみるようにすすめられたとき、私はまずそれを拒みました。ところが、助けが欲しかった私は最終的に必要に迫られ、自動配線にもう一度目を向けてみることにしたのです。そこで見つけたものに私は驚きました。きっと、皆さんも驚かれるはずです。下記は、その中でも本当に役立っている配線機能です。

 

  1. 短いまたは長いpoint-to-pointのネット:これまではネットを手動で配線すると長い時間がかかっていましたが、現在はピンからピンへの短いネットであれ、基板全体を横断する長いネットであれ、ルーターを使えば以前よりもはるかにすばやく配線できます。
  2. 重要でないさまざまな配線:設計の最後に重要でない未配線のネットがたくさん残った場合は、一括配線が大いに役立ちます。
  3. 配線のクリーンアップ:オートルータにはトレース配線のクリーンアップもたくさん組み込まれています。そのため、この作業に手動で費やす時間を大幅に短縮できます。

 

自動配線のおかげで、近頃では以前よりも短時間で設計を完成できるようになりました。そのため、オフィスにいる時間が減り、自宅で過ごす時間が増えています。それに、予定通りに作業を終えられるかどうかをほとんど心配しなくなったため、夜もぐっすりと眠れるようになりました。

 

設計時間を短縮してくれる機能をお探しなら、ここ何年かで大きく変わった自動配線に目を向けてみてください。Altium Designerなど、自動配線機能を備える最新のPCB設計ソフトウェアは設計をすばやく完成させることに役立ちます。きっと、皆さんももっとよく眠れるようになるでしょう。

 

Altium Designerの自動配線を活用する方法の詳細については、アルティウムの専門家にお問い合わせください。

 

 

 

 

Previous Article
回路基板レイアウトのための多層PCB設計に関するヒント
回路基板レイアウトのための多層PCB設計に関するヒント

初めて多層PCBを設計する際の多層設計に関するいくつかのヒントをご紹介します。ぜひ詳細をご確認ください。

Next Article
PCBの設計と製造に関するヒント: PCB製造中の開回路を防止するには
PCBの設計と製造に関するヒント: PCB製造中の開回路を防止するには

材料、処理、取り扱いによって発生し得るPCB製造中の開回路の防止に役立つ、PCB設計と製造に関するヒントをご紹介します。

Altium Designerの無償評価版を入手する。

無償ダウンロード