PCB回路製品: 修理できるように設計するべきか?

テーブルに置かれたPCBと電子機器修理ツール
 

 

自分の手掛けたものを誰かに修理してもらわなければならないとき、私は技術者としての落ち度を感じてしまいます。それが電子機器であれ、たまにしか担当しない木工品であれ、まずは自分で何とかしてみるまでは助けを求めたくありません。ただし、配管となると話は別です。その場合はすぐさま助けを呼ぶことになります。

自分が手掛けた製品は自分で修理したい―そんな衝動が働きますが、問題なのは多くの企業がそれを求めていないことです。ケースを空けるために専用のドライバーが必要になったために、ラベルを破いて正式に保証を無効にしたことは数え切れないほどです。しかも、バッテリー交換のためだけにです。ここで専門的なアドバイスを1つお届けしましょう。どうしてもバッテリーを交換したいのに、細長いネジ穴に対してドライバーが小さすぎるとします。この場合は、プラスドライバーと輪ゴムでどうにか対処できることがあります。まず、輪ゴムを細長いネジ穴の上に置きます。不安定な細長いネジ穴にドライバーがしっかりと、はまるまで押し込み、ネジを外します。

とはいえ、開けたケースが混乱と後悔の詰まったパンドラの箱に化けてしまったこともあります。LCDモニターは、VCRの焼け焦げたコンデンサーを交換するのとは大違いなのです。

自分が手掛けた機器の修理に対してどんな考えを持っていても、製品の設計を開始する前には、消費者による修理について必ず考慮すべきでしょう。消費者が自分で製品を修理できるようにするのか?消費者が自由に修理業者を選べるようにするのか?それとも、企業が提供するサービスや特別に訓練された技術者だけを利用できるようにするのか?では、いろいろな選択肢を比較しながら、関連する法的要件についても見ていきましょう。  

社内での対応

多くの製造業者は、消費者が自分で製品を修理できないようにしたいと考えています。悩ましいところですが、多くの場合にこれにはもっともな理由があります。高電圧、傷つきやすい部品、特許で保護されたコンポーネントは、適切な予防措置がない状態で消費者に機器の分解を許可していない、という明確な理由です。

社内ですべての修理を行う場合は、送られてきた修理品や現地での修理に対応する十分に訓練されたスタッフが必要です。一方で、製品が「消耗品」であれば、修理するよりも新しいものに取り換えたほうが安くつく場合もあるでしょう。この場合は故障率を把握して、保証期間中に問題が発生したすべての製品を交換する体制を整備しなければなりません。

 

 

分解されたエンジンで作業する修理工

指定した技術者に修理を委託することもできるでしょう。

 

 

修理の選択肢を提供する

消費者が製品を修理できるものにしたほうが容易な場合もあります。コンポーネントの複雑さによっては、交換部品の販売が新しい収益源になることもあります。私が勤めていた会社では、元のハードウェアの交換と同じくらい独自のバッテリーの交換に対応していました。これは、プリンター用の新しいインクの購入に似ています。

いずれにしても説明書は作成する必要があるため、特別に訓練された修理業者を説明書に記載して提供することもできます。ここでは、適切なガイダンスと免責事項も含めておきます。たとえば、エンジン、回転翼、高電圧など、製品の中には安全に扱わないと危険なものがあるからです。警告ラベルが必要なコンポーネントが製品に含まれる場合は、修理ガイドに説明を明記しておきます。

オープンな修理については、諸経費を大幅に節約し、長期的にサービスを提供することができます。これは技術者にとってもありがたい話です。

法的要件

どの方法を採用するかにかかわらず、法的な要件についても考慮する必要があります。「消費者が合法的に所有している製品を自分で修理することは許可されるべき」という指針に基づいて、米国の複数の州で「修理支持」の法律の制定が進められてます。また、海外では修理に対応できないという議論もあります。これは特に、農業や自動車の業界にずっと依存してきた地域経済にとっての強力な動機でしょう。

一部の大手企業は、この法案に積極的に反対しています。多くの場合、これは特許を取得できる設計に関して懸念があるからです。また、顧客にメンテナンスサービスを提供するための独占請負契約からの収益を守りたいと考えている企業も数多く存在します。

中小企業では、請負契約や売上の競争が激しくなるでしょう。この法案の支持者は、独占的なサービスでなく顧客サービスによって成り立つ市場を期待しています。修理する権利を持つ消費者は修理したハードウェアを売買しやすくなるものの、それによって企業の全体的な売上が減少する可能性があります。

この消費者保護の法案が可決された場合、該当する州に拠点を置く企業は電子製品の修理に関する情報を公開し、独立した修理業者に交換部品を販売することが義務付けられるようになります。

 

机の上の小槌と法律書

いくつかの州では、修理の自由を義務付ける新しい法案がすでに提出されています。

 

 

消費者に優しい方法を選ぶ場合も、法律の順守に向けて事前に計画を立てる場合も、必要になるのは修理と文書化が簡単な製品です。PCBの設計は、優れた基板の設計、ラベル付け、部品の選択から始まります。Altium Vaultのように優れたPCBツールは、コンポーネントやそれらの在庫を把握するのに役立ちます。どの方法を採用しても、修理の戦略をしっかりと練ることができるでしょう。

PCBの修理についてご不明な点がある場合は、Altiumの専門家にお問い合わせください

 
 
 
 
 
 
 
Previous Article
 半導体ファイバーは光ファイバーケーブル伝送ラインに置き換わるのか
半導体ファイバーは光ファイバーケーブル伝送ラインに置き換わるのか

半導体光ファイバーの魅力的な将来について紹介しましょう。

Next Article
汎用コントローラーを2つのPCBに分割した方がよい理由
汎用コントローラーを2つのPCBに分割した方がよい理由

明確なことではありませんが、汎用コントローラーについては、多過ぎると実質が少なくなります。

Altium Designerの無償評価版を入手する。

無償ダウンロード