若手設計者が米軍航空会社で本領発揮

 

2017年8月に、Nicole Pacino氏という名前の若く印象的なPCB設計者をこのニュースレターで特集しました。Pacino氏は父が成功裏に所有、成長させた上で売り出した設計事務局であるSan Diego PCBの跡を継いだ第二世代のPCB設計者です。前回このニュースレターに登場した後、彼女はアメリカ東海岸に引っ越し、Cobham Advanced Electronics Solutions社の設計チームの一員となっています。Cobham社でPacino氏は、彼女の複雑な設計とAltium Designerへの精通度から“Altium Whiz Kid”と呼ばれています。Pacino氏の道のりと、彼女の明るく前途有望なキャリアの最初の重要なステップについて書いた更新記事を読んでください。

Judy Warner: Cobham Advanced Electronic Solutionsで、若い設計者として本格的な設計の役割を担い始めた経験を教えて頂けますか。

Nicole Pacino: 東海岸に移ったとき、PCB設計者として働く機会を得ることができるか自信がありませんでした。私のキャリアの大半と個人的に知っていることはすべて西海岸にあったのです。そのため、どこから始めるかわからないまま、軍事航空宇宙技術請負業者に特化した技術人材派遣会社に連絡して、現地の会社と連絡を取ってもらいました。ほとんどすぐに私に最適と思われる、Altium Designerを使用できる人材を探している会社を見つけてくれました。Cobham Advanced Electronic Solutionsで数回の面接を受け、私のキャリアを成長させるためにまたとない機会であると意見が一致しました。Cobhamは私の履歴書にAltium Advanced training認定を受けていることに興味を示しました。また、以前にPCB設計サービス機関で働いた経験により、私にはRF、高速デジタル、電源および制御を含む複雑な設計を理解する広範な基礎が備わっていました。

Warner: 雇用主が重視したことで驚いたことは何ですか。

Pacino: 新しい雇用主が私の年齢が若いことを経験不足を意味するネガティブな含みを持たせて見るのではなく、ポジティブな属性としてとらえてくれたことです。彼らにとって若いということは、特定の方法に固執せず、アルティウムが統合したPCB設計ソリューションを使用して、より正確で効率的な方法に順応する可能性を持っていることを意味していました。そのため、私は自分自身を優良な長期投資で、新しい設計機能と分析機能を活用する方法を学ぶことに素早く適応できると売り込むことができました。

 

ドイツ、ミュンヘンのマリエン広場にある仕掛け時計を見渡す
Mike Creeden氏と娘のNicole Pacino氏

 

Warner: 現在設計している基板で複雑なものは何ですか。

Pacino: 現在は階層システムを通してマルチチャンネル使用の機能を活用して推し進める非常に洗練された設計に取り組んでいます。このプロセスで学んだことは、このタイプのシステムを使用することの重要性と優位性です。設計の特定の場所に25以上のチャンネルがある場合、子シートを活用して、このセクション全体にデジグネーターとNetsをマッピングおよび自動生成することが、多大な影響を与えます。どのように設定したかに従って、各コンポーネントおよび接続が定義されます。より高い正確性を確保するだけでなく、単純な抵抗やコンデンサーを変更する必要があることに気づくと、信じられないほどの時間を節約できます。1ページに変更を加えると、マップされたシステムは、すべてのチャンネルに渡って変更を継承します。変更中に節約された時間と正確性に対するリスクの最少化は、レビューや将来のレビジョン中、このような極度に複雑な設計に大変革をもたらすものです。

Warner: 上級の設計チームからどのようなサポートや社内指導教育を受け、また設計能力にはどのような影響がありますか。

Pacino: 階層システムとマルチチャンネルシステムについては完全に独学で、周りの人に理解の方法を紹介しましたが、上級設計チームからもたくさんのことを学んでいます。より良い設計習慣を持つために、成長し改善することのできる方法が、数えきれないほどあるようです。すべてを知ることは不可能です。テクノロジーと使用する材料は変わり進化するため、新しい技法をいつも学び続けることが常に必要です。

Warner: 関心がある特定の領域として出現しつつあるもので、楽しくまた困難であると感じているのは、どの領域ですか。

Pacino: Cobhamで行っている仕事を通して、よりRF設計に魅了され興味を持つようになりました。この分野の世界で最高と言えるメンターの数人が周りにいて、そのため使用する可能性のある様々なタイプのアプリケーションにより魅了されるようになりました。最近私は電気工学で修士号を取ることを決意したので、このタイプの設計に集中して、初期開発と試験プロセスにより関わるようになりました。

 

Mike Creeden氏とNicole Pacino氏:
ドイツ、ミュンヘンで観光をしている父と娘のPCB設計者。

 

Warner: 若い設計者や技術者にアドバイスするとしたら、どのような言葉をかけますか。

Pacino: 若い設計者や技術者にアドバイスするとすれば、モチベーションを持ち続け、勤勉に働き続けて、自身の知識と能力を向上させることを伝えます。設計ツールはテクノロジー進展に対する業界の需要を満たすため、新しい方法を提供するよう進歩しています。これらの新しい機能を実装する方法を学んでいるのであれば、その機能を推進して、取り組んでいるプロジェクトに提供できるものを見せられるよう準備します。これらの新しい複雑なマルチチャンネル、マルチボード、および階層設計システムをナビゲートおよび設定する方法について、少なくとも基本的な理解があることは大切だと思います。時間を使って、新しいツールについて適切に準備することによって、自分自身に利益があり、将来作る可能性のあるものに対してを準備することができます。

Warner: 刺激的なキャリアについて教えて頂きありがとうございました、Nicole。新しい職場での成功をお祈りしています。

Pacino: Judy、サポートありがとうございます。
 

About the Author

Judy Warner


Judy Warner has held a unique variety of roles in the electronics industry since 1984. She has a deep background in PCB Manufacturing, RF and Microwave PCBs and Contract Manufacturing with a focus on Mil/Aero applications in technical sales and marketing.

She has been a writer, contributor and journalist for several industry publications such as Microwave Journal, The PCB Magazine, The PCB Design Magazine, PDCF&A and IEEE Microwave Magazine and is an active member of multiple IPC Designers Council chapters.

In March 2017, Warner became the Director of Community Engagement for Altium and immediately launched Altium’s OnTrack Newsletter.
She led the launch of AltiumLive: Annual PCB Design Summit, a new and annual Altium User Conference.

Judy's passion is to provide resources, support and to advocate for PCB Designers around the world.

Follow on Twitter Follow on Linkedin Visit Website More Content by Judy Warner
Previous Article
真のECAD/MCAD共同設計によりPCB設計の配置エラーを排除
真のECAD/MCAD共同設計によりPCB設計の配置エラーを排除

レイアウトツールの3D表示機能を活用することで、基板の部品の配置を機械的な特徴に照らしてチェックでき、真のECAD/MCAD共同設計プロセスが可能になります。

Next Article
Elmatica社: 完全デジタル化のサプライチェーンを推進
Elmatica社: 完全デジタル化のサプライチェーンを推進

ノルウェーのPCBブローカーが透過表示とデータでリード