リジッドおよびリジッドフレキシブルPCBのレイヤスタックアップ

Digital TV decoder on green PCB

https://content.cdntwrk.com/files/aHViPTY1NjQ2JmNtZD1pdGVtZWRpdG9yaW1hZ2UmZmlsZW5hbWU9aXRlbWVkaXRvcmltYWdlXzViNGQwYTkwNjcwMjUuanBnJnZlcnNpb249MDAwMCZzaWc9ZTVkYjVmMjBiODk4NDVkNDg1NDljMzNhM2RmNjQxNzM%253D

Alt text:

緑色のPCB上のデジタルTVデコーダー

https://www.shutterstock.com/image-photo/digital-tv-board-that-goes-inside-2227278?src=8lswA4H1wWPADBAxajIRzg-3-6

 

多層PCBの構築は、レゴで建物を作るのと似ています。部品は全て簡単に組み合わせられますが、設計としてまとめるには、従うべき指示があります。最近は、シングルレイヤや、トップレイヤとボトムレイヤの組み合せは、最も単純なPCBでのみ使用されます。マルチレイヤのPCBは、今や例外ではなく標準です。製造業者は最高30層のPCBを組み立てることができます。それらの基板におけるレイヤスタックアップの方法は、実際に適用するさまざまな場面で重要です。

 

PCB設計者は、回路基板の作成方法における変化に対応すべく設備を整える必要があります。PCB設計者の主な設備とは何でしょうか? 言うまでもなくCADツールです。どのようなプリント基板も、後方支援のため、強力にサポートしてくれるPCB設計ソフトウェアが必要になります。これは、デザインルールの把握がやや難しい、フレキシブルおよびリジッドフレキシブル回路ではなおさらです。レイヤスタックに振り回されず、今後もフレキシブル回路基板のプリントを円滑に行いましょう。

マルチレイヤのスタックアップ方法

理想の世界では、レイヤスタックアップの方法は、EMIおよびクロストークを完全にブロックするようにトレースとGNDプレーンを配置でき、フレキシブルおよびリジッドフレキシブル設計に適応できるはずです。例えばルームの温度を過度に熱することはないでしょう。明らかにそれは無理な注文です。あらゆる要件を完璧かつ同時に満たすことのできるスタックアップの方法はありません。

 

ピン密度が高い基板は一般に、より多くの信号層を必要とします。また、標準的なPCBに含めるべきレイヤの数に関する一般的なガイドラインがあります。レイアウト中の配線密度に応じて、いくつかの信号層は不要で削除可能であることに気付くかもしれません。適切なレイヤ数が決まったら、EMIとクロストークへの影響に注意しながらレイヤを配置する必要があります。

 

典型的なマルチレイヤスタックアップは、信号層とパワー/GNDプレーンが交互に配置されます。各レイヤは、絶縁体コアまたはプリプレグによって仕切られます。推奨されるスタックアップの配置は、基板のレイヤ数によって異なりますが、レイヤ間のEMIとクロストークを抑制するため、上記のガイドラインを必ず守ってください。熱問題に対応するには、マルチレイヤ基板にもかかわる可能性のある設計上の考慮が必要です。

 

アナログおよびデジタル要素を持つデバイスは、マルチレイヤスタックアップに別々のGNDレイヤを使用する必要があります。2つのGNDプレーンは1点でのみ接続してください。同じことが、アナログおよびデジタル信号層にも当てはまります。アナログおよびデジタル信号層を分けて1点でのみ接続することは、ノイズ結合を回避できるよい方法です。ほかに、GNDにシングルレイヤを使用してGNDプレーンをデジタル部分とアナログ部分に分割する方法があります。

 

PCB上のカラフルなマイクロチップと青い配線

フレキシブル回路基板では、配線はそれほど問題にする必要はありません

 

 

アナログおよびデジタルの信号層をそれぞれのGNDプレーンで分けるのは、EMIを回避するよい方法です。アナログおよびデジタル信号層の間にGNDプレーンを配置すると、2つのレイヤの間に効果的なシールドを作ることになります。アナログGNDプレーンはアナログ信号層に隣接して配置する必要があります。デジタル信号層も同様です。これにより、各信号層は、それぞれのGNDプレーンにリターン電流のみを誘導します。

リジッドフレキシブルスタックアップ

リジッドフレキシブルPCB設計にいったん取り組んだら、リジッド基板と同様のスタックアップを使用してフレキシブルリボンを定義する必要があります。フレキシブルリボンは、それが接続する基板より薄く、リジッド基板の内側のレイヤと同じスタックアップ構造でなければなりません。フレキシブルリボンは通常、基板間の信号を伝達する必要があります。また、GNDリターン接続が必要です。

 

パワープレーンまたはGNDプレーンをフレキシブルリボンを越えて拡張するつもりであれば、クロスハッチ銅箔を使用します。クロスハッチにより、純銅箔フィルムや銅箔での柔軟性が向上します。クロスハッチ銅箔は、フレキシブルリボンの信号層にシールドが必要な場合も使用する必要があります。

 

フレキシブルリボンに直接コンポーネントを配置する予定がない場合は、そのリボンのカバーレイの下に信号層が直接配置されている必要がありません。カバーレイの下に信号層があれば、SMTコンポーネントをリボンに直接配置できます。これが一般的な設計方法になりつつあります。

 

半田ランドは、カバーレイの信号層に直接配置される必要があります。カバーレイは、SMTコンポーネントが信号層にアクセスできるようパンチで穴が開けられる必要があります。必ず、自分の設計に対応してもらえることを製造業者に確認してください。これらの機能やコンポーネントを曲げ領域に配置することは常に避け、コンポーネントの長手方向が曲げと平行になるようコンポーネントを配置します。

 

表面実装コンポーネントを持つフレキシブルリボン

SMTコンポーネントはフレキシブルリボンにより効率的に管理できます

 

リボンにコンポーネントを配置する別の方法として、ボタンメッキがあります。信号層はスタックアップのカバーレイの下に配置される必要があります。カバーレイにパンチで開けられた穴は、信号層へのアクセスにも使用されます。スルーホールビアが実装パッドに配置され、ストラクチャは特定の厚さまでメッキされます。ビアの穴が開いたままの場合は、スルーホールコンポーネントをフレキシブルリボンに配置できます。

 

PCB設計ソフトウェアは、追加の設計手順や特殊なツールを使用しなくてもリジッドフレキシブルスタックアップを定義できるべきです。Altium Designer 18.1の高度なCAD、レイアウト、およびシミュレーションのツールを使用すれば、レイヤスタックアップを簡単に定義できます。無償評価版をダウンロードして、Altium Designerがご自分に適しているかどうかをご確認ください。

 

設計したフレキシブル回路の問題を解決して完成させるため、ソフトウェアを導入して効率アップを図りましょう。適切なツールの助けを借りれば、何でも設計できます。今すぐアルティウムのエキスパートにご相談ください

Previous Article
深刻な部品不足を切り抜ける設計ガイド
深刻な部品不足を切り抜ける設計ガイド

部品はどこに消えたのか

Next Article
Altium Designerを使用した、PCB設計ソフトウェアでの部品表の作成
Altium Designerを使用した、PCB設計ソフトウェアでの部品表の作成

ほぼ全ての作業が終わったところで、PCB設計の最終的な製造データを作成する必要があります。幸い、Altium Designerを使用していると、部品表をコンパイル、作成、最適化する段階で多くの便利な機能を利用できます。

Altium Designerの無償評価版を入手する。

無償ダウンロード