ヒートシンク設計の基本と原則の概要

マザーボードのヒートシンク

 

 

私は、大学で楽器を演奏していましたが、先生はいつも「基本を大切に! 」と言っていました。そのため、何時間も続けて音階を練習し、ほとんど何も考えずに、音階やその変化形を演奏できるようになりました。電気エンジニアにとって、基本を、そして基本がどう成果物に影響するかを覚えておくことは、重要です。普通、私は、高レベルのシステムを用いて業務を行いますが、高度な用途に影響する簡単な原則を忘れがちです。熱管理とヒートシンクの場合、覚えておくべき主な3点は対流、伝導、放射です。これらの3つ基本が、フィンの配置や向き、熱伝導材料(TIM)、ヒートシンクの表面処理などに影響します。これら全てがどのようにかみ合うかを思い起こせば、ヒートシンク設計は簡単になるでしょう。

対流

先生からの別の金言に「音楽は自然に」というのがありました。これは、必ずしも対流に当てはまりません。基板では2種類の対流が利用できます。自然対流と強制対流です。自然対流は、空気を動かすのにファンや外部の力を利用しません。加熱具合が異なる流体に自然に発生する、対流によって起こります。この受動プロセスは電力を使用しませんが、冷却に少し時間がかかる場合もあります。強制対流はその逆で、空気を動かすのに外部の力を利用します。通常、この力に、ファンなどが使用されます。この方法では、外部の力に電力を供給する必要がありますが、代わりに、冷却は早くできます。興味深いことに、どちらの方法を選択するかが、ヒートシンク設計に影響します。

自然対流の場合、空気の動きを妨げないように、ヒートシンクとフィンを配置する必要があります。自然対流では流れが非常に弱く、多少でも妨げられると、冷却を大いに抑制します。ヒートシンクを置くとき、空気がフィンを通って平行に上昇できるよう、ヒートシンクの向きを決める必要があります。フィンを気流に垂直に置くのは、逆立ちして楽器を演奏しようとするようなものであり、うまくいきません。フィン自体も間隔を空けて配置する必要があります。フィン同士の間隔が狭いと、対流を妨げます。

強制対流を扱う場合、簡単な面と複雑な面の両方があります。気流は保証されていますが、気流の最適化だけが問題です。前述しましたが、フィンと平行に空気が通過するようにヒートシンクの向きを決めます。フィンの設計が、少し注意を要する点です。強制対流の主な問題点は、圧力低下と損失です。フィンが高すぎる、またはフィンの間隔が狭すぎる場合、ヒートシンクでの圧力低下が過度になり、損失の大きいシステムになります。完璧なフィンのサイズや配置を見つけたい場合、計算が必要です。

 

 

オーケストラ指揮者
オーケストラを指揮(conduct)するのと熱を伝導(conduct)するのとは、違います!

 

 

伝導

オーケストラでは、指揮者は指揮棒を使って指示を空中に出します。まるでラジオのアンテナのようです。回路での伝導は正反対です。伝導では、直接接触する物体同士の間で熱を伝えます。伝導に対処するときには、ヒートシンクの設置場所、その材料、ヒートシンクを基板に取り付けるのに使用するTIMについて考える必要があります。

ヒートシンクを配置することは重要です。冷却を最大化し、同時に使用スペースを最小化したいと考えます。実際、そもそもヒートシンクを使用する必要がなければ、恐らく一番うれしいでしょう。しかし、使用する必要があるのなら、適切に使用するのが最も良いでしょう。ヒートシンクに最適な場所は、強力な集積回路(IC)や複数の熱源から熱を集めるヒートスプレッダなど、ホットスポットです。

材料を選択するとき、考慮するべき主な要素が2つあります。重さと熱伝導率です。アルミニウムは、重量特性に優れており、熱伝導率も悪くありません。銅は、熱伝導率は優れていますが、基板には少し重いかもしれません。ヒートシンクが重すぎると、PCBに力がかかり、早く故障する原因になる場合があります。

最後になりますが、伝導ではTIMも重要です。優れたTIMなしでは、ヒートシンクは、唇のないチューバ奏者と同様、役に立たないかもしれません。幅広い選択肢があり、自分にはどれが適切か調査を行う必要があります。

 

 

ギターアンプ
最大限度まで出す!

 

 

放射

バンドのメンバーは全員、コンサート会場を満たすため、できるだけ音を出すように常に言われました。ただし、サクソフォンは除きます。普通でも音量が並外れて大きいので。同じように、ヒートシンクに、できるだけ多くの熱を放射させたいと考えます。放射を最大化するには、ヒートシンクの表面積と放射率を最大化する必要があります。

表面積が大きいほど、ヒートシンクが放射する量が多くなります。ただし、時には表面積が増えると対流損失が増える、ということを忘れないでください。したがって、最適なソリューションを見つけるには、表面積とシステム効率のバランスを取る必要があります。

放射率とは、表面が、どれほど効果的に熱を空気に伝えているかの尺度です。幸いにも、対流または伝導に影響を与えずに、放射率を最大化できます。ヒートシンクの外側を簡単に処理して、放射率を改善できます。表面処理は、ヒートシンクの熱伝導性に大きなプラス効果があるので、大いに推奨します。

コンサートで演奏していて基本を忘れた場合、音符を1つや2つ抜かすかもしれません。指揮者は、腹を立てるかもしれませんが、その程度のことです。基本が分からないままヒートシンクを選択すると、PCBが高温になり燃えだす場合があります。基板を冷却するために対流、伝導、放射を効果的に使用することが重要なのは、そのためです。

ヒートシンクを選んだ後、冷却する回路をレイアウトするのにサポートが必要な場合があります。CircuitStudioは、設計に役立つ多くの先進の機能を備えた、優れた設計ツールです。作業が非常に速く進み、楽器を手に取る時間さえできるかもしれません。

ヒートシンクについてのご質問は、Altiumの専門家までお問い合わせください。

 

 

 

 

 
Previous Article
PCB設計ソフトウェアを比較するときに考慮すべき重要な機能
PCB設計ソフトウェアを比較するときに考慮すべき重要な機能

適切なPCB設計ソフトウェアを効果的に選択するために役立ついくつかのヒント。

Next Article
電子機器のアクティブ冷却技法の比較
電子機器のアクティブ冷却技法の比較

回路を冷蔵庫のように冷たく維持できる冷却システムを考えてみましょう。

Altium Designerの無償評価版を入手する。

無償ダウンロード