パーキンソン病との闘いにスマート技術がどのように使用されているか

    パーキンソン病の単語概念

 

 

先週、私は、両親に会うためトロントに帰省しました。私の87歳の祖父は最近、認知症と診断され、運転免許証を取り上げられました。祖父が運転できなくなって家族は安心した一方、好きなように動けなくなった祖父はショックを受けていました。しかし、それは、ある日変わりました。祖父を迎えに行った日のことです。到着すると家に誰もいませんが、祖父の車はあります。祖父がUberを注文したのでした。アプリの中には、初期の退行性神経疾患の患者に機会を与えるソリューションになるものもありますが、これらの病気の治療を目的に作成された、さまざまな分野のスマートデバイスがあります。ここでは、ハイテク食卓用金物やウェアラブル電子機器が、パーキンソン病患者の病気の影響を軽減するのに、どのように役立つかを探求します。

現在、約6万人の米国人が毎年、パーキンソン病(PD)と診断されており、その数字には、まだ発見されていない場合は含まれません。しばしば退行性神経疾患は高齢者の疾患であると考えられますが、PDと診断された患者の4%は50歳以下です。IoTが急成長する時代、技術とヘルスケアが、PD患者の生活の質に大きな影響を与えるようになっています。IBMやPfizerのような企業が、これに気づき、患者データを追跡、測定する新しい方法を探しています。理想的には症状の治療に役立ち、病気全体に新しい洞察をもたらす、リアルタイムのデータを研究者や医師に提供したいと考えています。一方、パーキンソン病患者の支援を目的とし、他の病気にも適用できる、有望なデバイスが3つあります。

 

 

フォークとスプーンを持つ脳
電気スプーンは、何の味なのかを脳に伝えることができる

 

 

電気スプーン

私たちのほとんどが、味覚を当たり前だと考えています。パーキンソン病の影響と比較して小さいと思えるかもしれませんが、味覚を失うことは、その人の生活の質に大きな影響を及ぼす可能性があります。2013年、シンガポール国立大学のNimesha Ranasingheのグループは、舌の味覚受容体をだまし、銀の電極を使用して塩味や甘味、酸味、苦味といった感覚を生成できることを示しました。電極は、舌の先に触れ、さまざまな交流電流や小さな温度変化を使って、受容体を刺激します。今日、Ranasingheや、ロンドン大学のグループなど、他の研究グループは、スプーンの形式でこの技術を応用し、パーキンソン病や認知症の患者の味覚を取り戻すのに役立てています。スマート台所用品には、あまり実用的でないものもありますが、この研究は印象が良好です。

Liftware

発売を楽しみにしているスプーンには、Liftware Steadyという名前の製品もあります。PDに苦しむ人々は、手が震えて自分で食べることができない場合があります。このスプーンは、手の震えを打ち消すよう特に設計されており、食物がスプーンから落ちるのを防ぎます。その機能を見るには、こちらの動画をご覧ください。どのような仕組みになっているのでしょう? このスプーン(または、使用する付属品によってはフォーク)には、マイクロチップおよび複数の小型モーターと運動センサーが埋め込まれています。完全ではありません。震えの約70%を消すこと、つまり2インチまでの震えを安定させることができます。充電池が付属し、1時間の連続使用が可能です。Liftwareは、それにとどまりません。新製品Liftware Levelで、体の不自由な患者の生活の質を改善し続けています。

 

 

高齢者の手のクローズアップ
ウェアラブル技術とスマート台所用品は、PDによる手の震えを軽減できる

 

 

Emmaウォッチ

Emmaウォッチは、私の好きなウェアラブル技術です。Haiyan Zhangが、Emma Lawtonのために特別にこのウォッチを設計しました。Emmaは、30代初めのグラフィックデザイナーで、PDにかかっています。震えのため、絵を描いたり字を書いたりすることが難しく、Emmaウォッチは、震えをコントロールするよう設計されています。Emmaの体験について本人から聞いた後、Zhangは、次のように仮定しました。Emmaの脳は「自身と闘っていて、半分は動かそうとし、もう半分は止めようとしている。2つの信号が互いに闘い増幅するので、震えが起こっている。」このウォッチは、振動モーターを使用して、このフィードバックループを壊し、PD患者の四肢をコントロールしようとする脳の気をそらします。こうすることで、Emmaは現在、ウォッチを着用している間、絵を描いたり字を書いたりできます。この成功によって、Zhangは、より多くの人が、この技術を利用できるように、それを進歩させる方法を調べています。詳細は、Zhangの製作を詳述した、こちらの短いドキュメンタリーをご覧ください。

刺激を受けて、PDに苦しむ人々のためになる製品を設計したくなりましたか? その場合、適切なPCBソフトウェアが必要です。こちらから弊社までお問い合わせいただき、取り掛かるにあたって、Altium Designerが、どうお手伝いできるかの詳細をご確認ください。

 
 
 
 
 
 
Previous Article
OnTrack Newsletter 2017年4月
OnTrack Newsletter 2017年4月

Next Article
PCB設計プロセスを容易にするモジュールの使い方
PCB設計プロセスを容易にするモジュールの使い方

...

Altium Designerの無償評価版を入手する。

無償ダウンロード