不十分なデータ管理に起因する開発後の問題の評価

 

 

どのような設計者やチーム、企業にとっても、設計をリリースまで漕ぎつけたときは安堵のため息をつける瞬間でしょう。しかしながら、この瞬間が常に喜びに満ちたものになるとは限りません。プロジェクトの完了には、次の2種類があります。a)ドキュメント化プロセスに何の不備もなく無事設計を完了しており、リリースの準備を開始できるケース。b)設計は問題なく完了しているが、データ管理プロセスに小さな(または大きな)誤りがあるため、修正と製造の後戻りが必要であり、製品リリースを遅延せざるを得ないケース。データ管理プロセスに何らかの不備がある場合、開発後はすべての局面を通じて後悔し続けることになりかねません。

 

 

 

 

開発後の懸念と後戻りの可能性

開発後の局面で懸念が持ち上がるのは当然のことであり、特にデータ管理についての不確定要素がある場合はなおさらです。ECADデータ資産の管理が十分でないと、ドキュメント化の方法が時代遅れになる傾向にあります。その場合、データ管理システムでエラーが非常に発生しやすくなり、ECADプロセスの多数の要素を手動で構成し直す結果になるおそれがあります。

ECADデータの正しい保存方法

ECADデータの保存場所は、その保存方法と同じくらい重要です。いまだに数多くの企業が、Dropboxなどの一般向けネットワークドライブを利用してECAD資産を保存しています。これは一見便利に思えるかもしれませんが、体系化された信頼できるデータ管理システムが設計方針に組み込まれていない限り、以下のような問題が生じるおそれがあります。

  • アクセスの制限

  • 不十分なデータコントロール

  • 異種の複雑なデータ

  • ライフサイクルの非対応

 

プロジェクトを重視して体系化されたデータ管理システムがない場合、特定のファイルにアクセスできないだけでなく、データの配置ミスや紛失につながる可能性があります。

迷いのない製品リリース

開発後の不確定要素を評価するときは、仮説のわなに陥り、自分を見失いやすいものです。しかし、使用するリソース、データ管理戦略の正しい実施方法、データの保存場所をきちんと理解していれば、不安を確信へと変えることができます。現在のプロセスに疑いを抱いたり、損失の大きいエラーのために設計データの修正を余儀なくされたりした場合、貴重な時間が無駄になります。設計から製造までのプロセスを進める中で、このような問題を回避するには、正確なデータを体系化して、はじめから正しい方法で管理することです。

 

 

 

 

無償のホワイトペーパーを今すぐダウンロードしてください。このホワイトペーパーでは、Altium Vaultを利用して、時間と予算を重視した賢明なデータ管理システム運用について説明しています。

 

 

 

 

 

No Previous Articles

Next Article
 設計ドキュメントの主要なPCB設計要素の捕捉
設計ドキュメントの主要なPCB設計要素の捕捉

PCB設計ドキュメントの詳細を正しく捕捉し、設計仕様を常に満たせるようにします。

Altium Designerの無償評価版を入手する。

無償ダウンロード