エレクトロニックルールチェックで回路図のミスを取り除く

 
 

多くの設計者や企業は、PCBの適切なレイアウトを作成するのに大いに努力しており、最近では周辺の機械的条件をリアルタイムでチェックしています。しかし、既に回路図にエラーが含まれる場合は、どうでしょう? 通常、人による設計のレビューが行われますが、設計の複雑さが増し納期が短くなる中、ミスが入り込むことが、ますます普通になっています。回路図のエラーがワークフローを妨げないために、何かできるでしょう?

エレクトロニックルールを使用して設計の問題を早期に見つけ修正

プロフェッショナルPCB設計ソフトウェアのエレクトロニックルールチェック(ERC)機能は,回路図のミスを見つけ取り除くのに役立ちます。いくつかの基本ルール、および設計の基となる「文法」をチェックします。自身の設計に固有のチェックを実行するようルールを設定することによって、ERCが問題を見つけ、設計の初期にそれらを修正できます。また、ERCチェックの設定と実行に、時間はほとんどかかりません…実際、手動で設計をチェックするのにかかる時間の数分の1です。このため、作業の再チェックではなく設計に、時間を費やすことができます。

このチェックの設定を2つの全般的な領域に分割するのが、ERCを使用する方法の1つです。下に示すように、回路設計の「文法」全般と、どの要素をどの方法で接続できるかを定義する接続マトリクスに分割します。

 

electronic-rule-checking-split-into-grammar-checking  
 
ensuring-all-connections-are-legal

ERCは「文法」チェックと全ての接続の有効性チェックとに分かれます。

 

「文法」領域では、バス、コンポーネント、ドキュメント、ハーネス、ネット、パラメーターなどの使用に関する、さまざま設定をカバーします。

 

Altium Designerは、このような、設定可能な幅広いチェックルーチンとの連携をサポートします。チェックルーチンを使用して、作成後の回路図をチェックしたり、製造データを作成するときにオンラインERCやバッチチェックを行ったりできます。

Altium DesignerのERC機能を使って、回路図のミスを手動でチェックするのに使う時間を大幅に短縮する方法をお確かめください。詳細については、今すぐ無料のホワイトペーパー回路図のエレクトロニックルールチェック)をダウンロードしてください。

About the Author

Chris Carlson

Sr. Field Application Engineer Chris Carlson came to Altium in August of 2007 and brings with him his background in power electronics, data acquisition, and controls. Chris earned his Bachelor of Science degree from Oregon State University in 1993 and has worked as a design engineer in the Bio-Medical, Industrial Controls, Motor Drive, and Defense industries.

More Content by Chris Carlson
Previous Flipbook
レイヤースタックを間違えないようにする方法
レイヤースタックを間違えないようにする方法

PCBの製造工程で最も犯しやすい間違いの一つは、層の順序の誤りです。確認しないままにしておくと、全工程が無駄になる場合があります。

No More Articles

Altium Designerの無償評価版を入手する。

無償ダウンロード