Power Delivery Network解析が、効果的なPCB設計に不可欠な理由

この焦げる臭いは何でしょう? 自分の試作でないことを願います
 

以前、愚かにも木工をやってみようと決心したことがあります。ロッキングチェアのように、何か簡単なものから始めようと考えました。構造や静力学に関する限られた知識を使って、座った途端にばらばらに壊れる椅子を作るのに成功しました。使用したYouTubeのチュートリアルでは、座ると椅子が崩壊する部分には触れていませんでした。普通は、何か作ったら、物理的にテストする前にその道のエキスパートに見てもらうのが良いのでしょう。同じことがPCB設計にも言えます。たとえ優れた設計者であっても、電源のエキスパートであるとは限りません。Power delivery network(PDN)解析ソフトウェアは、ご利用のパーソナルコンピューターに、電力のプロが持つ知識を全て提供してくれます。優れたPDN解析プログラムでは、発火する試作にお金を使う前に、電流密度、温度の問題、電圧降下をチェックできます。

 

 

 

電流密度と温度

 

私は、ロッキングチェアを作るとき、支柱の幅を決めるのに、古い「じっと見る」方法を採用しました。そして、その方法では尻もちをつくことが判明しました。PCBのトレースを設計するときにも、同様の方法を採用できます。見て良さそうな幅を選択して配置すると、何がまずいのでしょう? 基板が焼けるかもしれません。電源プレーンがスイスチーズのように見えたり、ビアの負荷が大きすぎると、電流密度や温度が高くなります。電力消費が多い集積回路(IC)を使うと、PCBで発熱が増える場合があります。

 

電源プレーン: 製品を「過剰に設計」したいとは思いませんが、銅箔のことになると誰も気にかけません。問題が発生するのは、電源プレーンを追加しすぎた場合のみです。とは言っても、設計がますます小さくなる中、電源プレーンは、しばしばサイズが小さくなったり、奇妙な形に変わったります。電源プレーンが小さくなると、過度の電流密度でボトルネックができる場合があります

 

ビア: ビアも重要です。ビアの設計でEMIを減らすのに忙しすぎて、ビアが電流にどう関連するかを考えることができません。しかし、ビアは、PCB上に電流を充満させる場合があります。電流密度が高いと高温になり、時にはトレースを溶かすほど高温になることを思い出してください。

 

IC: 食べ過ぎると、普通の椅子でも重量制限を超える場合があります。新しいICは、多くの電流を消費し、公称トレースの限界を超える場合があります。最近の電子機器は、ますます高速のICを必要としており、より多くの電力を消費します。試作から煙が出始めるまで、どれほどの電流を取り込んでいるか考えないかもしれませんが。

 

 

amp meter measuring current

あいにくPCB用の電流計は買えない
 

優れたPDNアナライザーを使用すると、設計段階で電流密度を確認できます。多くのPDN解析ツールは、設計で電流密度の高い領域を視覚的に示します。温度は表示されない場合もありますが、PCBの熱は、電流に直接関係しています。したがって、一石二鳥で、PCBの電流と温度が高すぎる場所を確認できます。その後、両方の問題を軽減するのに十分な銅箔を追加するだけで済みます。

 

電圧降下

 

全ての電気技術者は、「V = IR」という呪文を覚える必要があります。伝説によれば、十分な回数唱えると、電気実験とロッキングチェアの祖であるベンジャミン・フランクリンが現れるそうです。その呪文は、IR(電圧)降下を低減するためにネットを設計するとき、思い出すことが重要です。最近のチップの多くは、大きな電流を取り込むだけでなく、低電圧で動作します。6V ICを使用している場合、電圧降下はあまり気にならないでしょう。一方、ICが2Vで動作している場合には、突然、電圧降下が少しでもあれば問題になります。できるだけ電圧降下を減らすよう、設計戦略を更新する必要があります。

 

それでは、IRドロップを減らす最も良い方法は何でしょう? それは、名前を見れば明らかです。電流、抵抗、またはその両方を減らす必要があります。導体の電流を減らす最も良い方法は、その幅を広げることです。金属が多いほど、電流密度は低く、電圧降下は小さくなります。抵抗を減らすには、トレースを短くします。金属が少ないほど、抵抗は小さくなります。残念ながら、この2つの推奨事項は相反します。電流を減らすには銅箔を増やすのに、抵抗を減らすには銅箔を減らします。幸い、優れたPDN解析ツールは、どちらのテクニックを選択すべきかを判断するのに役立ちます。PDNアナライザーが、基板の電圧降下を視覚的に示してくれるはずです。レイアウトに応じて、IRドロップを軽減する方法を判断できます。例えば、短く薄いトレースにIRドロップの問題が発生している場合は、トレースの幅を広げます。長いトレースで降下が大きすぎる場合には、トレースを短くするため、コンポーネントをあちこち移動してみてください。

 

man banging head on laptop

こうならないようにPDNアナライザーを使用する
 

私は、何か座るものを作るのは簡単だと思っていましたが、間違っていました。PDN解析の背後にある概念は単純ですが、ソリューションを見つけるための数学は複雑です。設計中にはPDNの問題を無視し、「試行錯誤」のプロトタイプを繰り返し使用する代わりに、シミュレーターを使用してください。PDN解析ツールが、計算してくれて、問題がどこにあるかを教えてくれます。そうすれば、最初の試作をテストする際に、ばらばらに壊れることはないと確信できます。

 

私がずっと「優れた」PDNアナライザーと言ってきたのには、理由があります。複雑な波形だけを出力し、頭痛の種になるだけのシミュレーションツールもあるからです。理解できなければPCBツールは役に立ちません。AltiumのPDNアナライザーは、ビジュアルインターフェイスを使用し、基板の電流密度やIRドロップの問題を正確に指摘します。試作を燃やさずに済むよう、使用してください。

 

PDN解析について、まだ疑問をお持ちですか? Altiumのエキスパートまでお問い合わせください。

 

 

About the Author

Altium Designer

PCB Design Tools for Electronics Design and DFM. Information for EDA Leaders.

Visit Website More Content by Altium Designer
Previous Article
接地による、ESD損傷からのPCBの保護
接地による、ESD損傷からのPCBの保護

Star Trekの機関室の全メンバーは、適切なESD保護技術を正しく利用しました

Next Article
組み込みシステムで、機構設計と3DモデリングをPCB設計に活用
組み込みシステムで、機構設計と3DモデリングをPCB設計に活用

私が大学在学中、私たち電気エンジニア(EE)は、機構エンジニア(ME)を常に少し見 下していました。私たちの学科には、「たくましい男のためのショック」と私たちが呼ぶ、機 構エンジニア向けの電気工学の入門クラスがあり...

Altium Designerの無償評価版を入手する。

無償ダウンロード