回路基板のデジタルライブラリ管理: 本棚以上の機能を備えた棚

図書館の棚に保管された記録

 

「コンポーネント」という言葉を聞いたとき、IC、LED、抵抗、およびPCBの組み立てに使用するその他の電子的なハードウェアを思い浮かべるのは当然です。しかし、プリント基板設計ソフトウェアの点からみると、コンポーネントを詳しく記述する多くの情報があります。各コンポーネントには、関連付けられた記号、フットプリント、ピン配列、および基板設計CADが使用するその他のプロパティがあります。

市販の多数のコンポーネントを入手でき、またエレクトロニクス企業が新しいコンポーネントを開発する状況では、コンポーネントライブラリの管理は基板設計者の重要な任務の1つになります。設計者は通常、自分の設計で使用するために、フットプリントやシミュレーションモデルも含め、カスタマイズされたコンポーネントを作成します。

基板を設計から製造に移行できるようこの情報を1つにまとめるには、市販の最も優れた設計ソフトウェアが必要です。統合設計環境で作業すると、設計ソフトウェアはコンポーネントライブラリをシームレスに統合し、コンポーネントライブラリへの更新を回路図に簡単に反映できます。

 

デジタルライブラリの管理

ライブラリ管理は、コンポーネント、サプライヤー、ライフサイクル、設計で使用する回路図などの管理を指す広義語です。市場には莫大な数のコンポーネントが出回っており、自分のライブラリにそれらのライブラリの情報を集める時間は誰にもありません。ユーザーに代わってこの情報を集めるソフトウェアを専門に開発する企業が多数あり、それによって生産性を上げ、より多くの時間を設計に費やすことが可能になります。

コンポーネントライブラリに含まれる情報は、部品番号の膨大なリストだけではありません。優れたコンポーネントライブラリには、関連する回路図シンボル、レイアウトのフットプリント、シミュレーションで使用するSPICEモデル、電気的特性などの情報が含まれている必要があります。これらのライブラリには、3Dビューワーで使用する3Dモデルも含まれます。これらの全情報を単一インターフェースでまとめると、設計プロセスが格段に効率化されます。

コンポーネントライブラリには、価格、リードタイム、適切な配置といった関連するサプライヤー情報も格納される必要があります。これにより、ユーザーは、部品リストと製造業者用の部品表の生成に必要な情報を入手できます。部品表生成ツールは、製造に移行する前に、設計から直接情報を取り出す必要があります。設計者は、回路基板のために、可能な限り効率的にビア、銅箔、およびコンポーネントを管理すべきです。

デジタルライブラリ管理は、コンポーネントおよび回路図のリストを管理するだけでは不十分です。ライブラリは、コンポーネントサプライヤーの情報やライフサイクル管理ツールと同期する必要があります。ライフサイクル管理ツールを使用すると、廃番になったコンポーネントを適切な代替品で置き換えるための必要な情報を入手できます。これらのツールは全て、別のモジュールとして切り離されているよりも、単一環境に統合されてその機能を最も発揮します。

Altium Designerでのサプライヤーデータへのアクセス

 

問題の発生源の把握

基板設計CADによっては、よく使用する特定のコンポーネントのリストを含む新しいライブラリを作成できます。コンポーネントが1000個にまで増えたライブラリでは、異なるコンポーネントモデルを使用して動作するソフトウェアを使用していると、コンポーネントはほとんどシームレスには更新されません。デジタルライブラリは、ユーザーおよびユーザーの目的を考慮して、またライブラリが必要とするリソースおよび情報にアクセスできるよう作成される必要があります。

コンポーネントライブラリを、更新されたバージョンのソフトウェアに変換すると、ライブラリが破損する可能性があります。更新によって、コンポーネントライブラリのファイル構成が変更される可能性があり、手作業でコンポーネントを構成し、更新しなければならなくなります。ソフトウェアパッケージによっては、ライブラリ管理に役立つコンポーネント情報システムが用意されていますが、アドオンとして購入する必要があります。そのような重要なツールは基板設計CADソフトウェアに備えられていて当然です。

ライブラリ管理は、ただ単に回路図のフットプリントやシンボルを更新するのではありません。設計を確実に最新状態に保つために、サプライチェーンの可用性やライフサイクルの情報を活用する必要があります。6か月前に作成したPCBのデータを開き、製造業者に成果物を送ったにもかかわらず、部品の半分は入手できないか廃番になっていることが判明した場面を想像してみてください。ライフサイクルの状態により、設計内で廃番になった部品を見つけて置き換えることができます。

 

統合されたデジタルライブラリ管理

統合設計環境での作業は、必要な全てのツールが単一のソフトウェアで提供されるというだけではありません。統合設計環境におけるデータ管理では、新しいコンポーネントの定義時に再利用できる統一されたコンポーネントモデルが使用されます。それらのコンポーネントモデルは、新しいコンポーネントのテンプレートとして機能し、設計およびライブラリに新しい機能を追加するために必要な時間を節約できます。

また、設計ソフトウェアは、コンポーネントライブラリとサプライチェーン情報を更新することで、生産性を向上させる必要があります。設計者は、コンポーネントの更新やサプライチェーンの情報を求めてインターネットを探し回るために時間を割く必要はありません。また、それらの重要な更新について、信頼できないサードパーティーのサービスに頼る必要もありません。さらに、統合設計環境により、ユーザーは更新を自分の回路図にシームレスに転送することもできます。

統合コンポーネントのフットプリントを修正する必要がある場合、PCB設計ソフトウェアは、フットプリントの変更を並べて表示し、比較を目視できるようにする必要があります。シンボル、ピン配列、回路図の変更も同様に簡単に比較できる必要があります。同様の考え方はコンポーネントテンプレートにも適用されます。これにより、組織の全員が、ライブラリ内のコンポーネントの変更にアクセスできるようになります。

多くのコンポーネントは、静電容量、実装スタイル、定格電圧などの共通のプロパティを共有します。高度なコンポーネント管理ツールを使用して作業している場合、それらのプロパティを各コンポーネントに、単一インターフェースで簡単に割り当てることができます。プロパティを各コンポーネントに個別に追加できるほか、Parameter Managerのコマンドを使用して、複数コンポーネントにプロパティを追加することもできます。回路基板およびデジタルライブラリは、効果的なコンテンツを作成し格納できるよう管理できます。 

 

Altium Designerでの回路図ライブラリへのアクセス

 

Altium Designerでのライブラリ管理

最良のコンポーネントライブラリ管理ツールをお探しの場合は、Altium Designerのような基板設計CADが必要です。統合設計環境での作業は、コンポーネントライブラリ、回路図ライブラリ、コンポーネントモデル、シミュレーションツール、部品表、レイアウトツールを単一の設計インターフェースでリンクします。ビアやコンポーネントの配置について回路をチェックする場合も、リジッドフレキシブル基板の必要性やソフトウェアに関する事項を理解する場合も、ソフトウェアが重要です。

設計者は、サプライチェーン情報の検索や、更新反映のための外部サービスの利用に要する時間を減らし、設計により多くの時間を費やすべきです。Altium Designerを使用すれば、サプライチェーン情報、ライブラリの更新、新しいコンポーネントなどを、設計ソフトウェアを通じて設計者に直接配布することができます。ライブラリ内のコンポーネントへの変更は、回路図やレイアウトに簡単に適用されます。設計者は、データが最新状態にあり、簡単に管理できることを知って安心するでしょう。

Altium Designerの統合環境で作業すれば、コンポーネントライブラリへの変更は、回路図やレイアウトの残りの部分に簡単に反映されます。コンポーネントの変更は、直感的な単一インターフェース内で、個別にあるいは一括して適用できます。検索機能により、大規模なコンポーネントライブラリをすばやくふるいにかけ、設計に必要なコンポーネントのみを探し出すことができます。強力なライブラリシステムを使って、回路をより効率的に管理しましょう。 

アルティウムは、お客様が設計者として成功することを望んでいます。また、設計体験が効率的で生産的であることも希望します。設計やソフトウェアに関してサポートが必要になった場合は、AltiumLiveフォーラムビデオライブラリ、および業界の専門家によるWebセミナーにアクセスしてください。アルティウムのお客様への献身は、他の基板設計ソフトウェア企業と一線を画しています。

 設計に使用したい基板設計CADの無償評価版を今すぐダウンロードできます。Altium Designerがデジタルライブラリ管理にどのように役立つかをお知りになりたい場合は、今すぐアルティウムのエキスパートにお問い合わせください。

About the Author

Altium Designer

PCB Design Tools for Electronics Design and DFM. Information for EDA Leaders.

Visit Website More Content by Altium Designer

No Previous Articles

Next Flipbook
Altium Designer 19 製品概要
Altium Designer 19 製品概要