Midnight Sunソーラー設計チームが開発した未来のソーラーカー

October 20, 2017 Judy Warner

Midsun_2011WorldSolarChallenge_MSX.jpg

World Solar Challenge(WSC)に参戦するWaterloo大学のMidnight Sunソーラーチーム

 

 

1988年度以降、Waterloo大学のMidnight Sunソーラーチームは、顧問のGordon Savage教授の指導の下、ソーラーカーを製造し、American Solar Challenge(ASC)およびWorld Solar Challenge(WSC)に参加しています。これらの大会は、1年おきに交互に開催されます。電気系統チームの舵取りは、Minghou Ji(エンジニアリングマネージャー)、Yifei Li(ハードウェアエンジニア)、およびTaiping Li(ハードウェア設計者リーダー)が行っています。

 

Midsun_Minghao_Ji.jpg

Minghou Ji氏、Midnight Sunソーラーチームのエンジニアリングマネージャー 

 

Midsun_Yifei_Li.jpg

Yifei Li氏、Midnight Sunソーラーチームのハードウェアエンジニア 

 

Midsun_Taiping_Li.jpg

Taiping Li氏、Midnight Sunソーラーチームのハードウェア設計リーダー

 

 

これまでに、チームは、他の多くのソーラーチームと同じように、3輪で運転手1名のみの運転室を備えたチャレンジャークラスのソーラーカーを製造していました。現在、Midnight Sunは、いつか一般消費者のためのソーラーカーを実現できると期待を持てるくらいの技術開発を推し進めている一方、はるかに複雑なクルーザークラスの車両製造という課題に直面しています。メンバーは、2016年以降Midnight Sun 12の製造に取り組んでおり、2018年のASCに参戦する予定です。現在は、車体製造のCADの初期段階で、電気系統の設計が進行中です。チームの短期目標は、2017年12月までに運転可能な車を作ることです。

彼らは、コントローラー基板、電力管理基板、インターフェイス基板、複数センサー、異なるレートで放電する1300個のセルの電圧バランスを取る重要な電池管理システムなどを含む複数の基板を設計しています。また、全てのメインコントロール基板を対応する単一のドーターカードも設計しました。彼らが設計する基板の多くは、2~4層で比較的高密度です。

 

Midsun_Controller_Board.jpg

Altium Designerで設計されたコントローラー基板

 

 

チームは、常時20名ほどのメンバーが活動しています。Waterloo大学は、コーオプ教育モデルを導入しており、学生は、学内学習と、Microsoft、Tesla、Intel、Appleなどの企業でのインターンシップに参加する学外学習に学期を分けて学ぶことができます。Waterloo大学は、科学および技術のリーダーとして認められており、学術環境と業界との橋渡しに成功しています。

将来の就労に有用な非常に実践的な方法で、1人の設計者が年間10~15枚の基板を設計することができます。

 

Midsun_PowerDistribution_Board.jpg

Altium Designerで設計された電源分配基板

 

 

このように要求の厳しいチームプログラムのための基板を設計する一方、このような学生がどのようにAltium Designerを体験するのかを知りたかったので、最も便利で役に立った点について尋ねました。彼らは、非常に簡単に使用でき、準備から作業開始までわずか1週間だったと答えました。チームメンバーは常に入れ替わるので、新しいメンバーが短時間で使用できるようになるソフトウェアは非常に有効です。また、ワークフローを簡単にするための統一された設計プラットフォームやBOMビルダーも気に入っているそうです。最後に、3Dとメカニカルシステムの統合も非常に役に立っているとのことでした。

 

興味をお持ちの方は、Midnight Sunのwebサイトにアクセスすることをお勧めします。近未来の次世代イノベーターは、Minghao氏、Yifei氏、Taiping氏のような情熱あふれる学生であることは疑問の余地がないでしょう。もちろん、Altiumの全従業員にとって、Midnight Sun 12のようなすばらしいものを作り続けられるよう、彼らにPCB設計ツールを提供することよりも名誉なことはありません。

 
 
 

About the Author

Judy Warner

Judy Warner has held a unique variety of roles in the electronics industry since 1984. She has a deep background in PCB Manufacturing, RF and Microwave PCBs and Contract Manufacturing with a focus on Mil/Aero applications in technical sales and marketing. She has been a blogger, writer, contributor and journalist for several industry publications such as Microwave Journal, The PCB Magazine, The PCB Design Magazine, PDCF&A and IEEE Microwave Magazine and is an active member of multiple IPC Designers Council chapters. In March 2017, Warner became the Director of Community Engagement for Altium and was immediately tasked with the launch of Altium’s monthly On Track Newsletter. She was also instrumental in launching AltiumLive 2017: Annual PCB Design Summit in San Diego and Munich, a newly founded annual Altium User Conference. Her passion is providing resources, supporting and advocating for PCB Designers around the world and acting as brand ambassador for Altium.

More Content by Judy Warner
Previous Article
On Track Newsletter 2017年10月
On Track Newsletter 2017年10月

Next Article
Square Kilometer Array(SKA) Africaに勤務するOmer Mahgoub氏と天文学分野のPCB設計
Square Kilometer Array(SKA) Africaに勤務するOmer Mahgoub氏と天文学分野のPCB設計

望遠鏡のアンテナから受信したデータの処理に使用する基板に思いを巡らせたことがありますか?

Altium Designerの無償評価版を入手する。

無償ダウンロード