レイヤースタックを初めから間違えないようにする方法

PCBレイヤースタック

 

PCBの製造工程で最も犯しやすい間違いの1つは、層の順序の誤りです。確認しないままにしておくと、全工程が無駄になる場合があります。PCB実装工程を経た製品は、電気的導通の観点からは機能するかもしれません。電気的に導通していれば、電気的検査にも合格するかもしれません。しかし、プレーンや信号層の順序と層間の距離を最優先にしている設計では、最終的な実装段階で障害が発生します。この問題を予防するにはどうすればよいでしょうか?

 

詳細な方法

正しい順序で積層し、後工程外観検査を行うために必要な情報を製造業者に確実に伝えるには、そうした情報を銅パターンとして直接設計に組み込んでおく必要があります。これらのパターンを設計に含め、最終的な実装の検査のための機構を提供するのはPCB設計者の責任です。該当するのは、以下の機能です。

  • 他の全てのレイヤーと関連付けて定義された番号割付方針によりレイヤーを正確に識別する。
  • レイヤーの順序を目視で簡単に検査できるよう積層ストライプを追加する。
  • エッチング後の銅の厚さと幅を簡単に確認できるテストトレースを提供する。

 

 

 

製造データ内に適切な銅パターンを設計しておけば、積層順序を間違える心配はほとんどなくなります。早い段階で詳細情報を提供することで、問題を回避し、コストと時間を削減して、製造プロセスを効率化できます。

 

レイヤースタックを初めから間違えないために必要な機能を追加する方法に関心がありますか? レイヤースタックを間違えないようにする方法についての無料のホワイトペーパーをダウンロードしてください。

 

 

About the Author

Chris Carlson

Sr. Field Application Engineer Chris Carlson came to Altium in August of 2007 and brings with him his background in power electronics, data acquisition, and controls. Chris earned his Bachelor of Science degree from Oregon State University in 1993 and has worked as a design engineer in the Bio-Medical, Industrial Controls, Motor Drive, and Defense industries.

More Content by Chris Carlson
Previous Article
高速PCB設計でシグナルインテグリティーを維持するための差動ペア配線
高速PCB設計でシグナルインテグリティーを維持するための差動ペア配線

Next Article
パワーインテグリティーにまつわる5つの俗説
パワーインテグリティーにまつわる5つの俗説

Altium Designerの無償評価版を入手する。

無償ダウンロード