わずか4つのステップで電源分配ネットワークを最適化する方法

 

最近の設計者は、電源分配ネットワーク(PDN)インテグリティという、従来考える必要のなかった問題に直面しています。私たちは皆、何十年もの間、シグナルインテグリティーの必要性を感じてきましたが、その間、パワーインテグリティーは、脇に置かれてきました。従来は、専用の電源プレーンを使用するスペースが多くありました(動作に必要なものをデザインに容易に含めることができました)。

 

しかし、設計の物理的な制限を押し広げ、より小さなフォームファクターに、より多くのコンポーネントを詰め込み続ける中、フォームファクターの縮小を続けながらPDNを最適化する方法が必要となっています。物理的な試作やシミュレーションのエキスパートに頼らないで、設計環境で直接、電源プレーンの形を最適化できれば、どうでしょう?

 

PDN Analyzer powered by CST®は、Altium Designerワークスペース内でPDNインテグリティーへの道を提供します。従来は非常に長く骨の折れた解析プロセスを、単一の設計環境で完了できる複数のステップに分割できるようになりました。リアルタイムで変更を行い、解析を再実行できます。

 

PDN Analyzerを使って、わずか4つのステップで簡単にPDNを最適化できる方法を説明します。

 

 

configured-pdn-analyzer-setup

構成されたPDN Analyzer設定

 

 

1. ソース電源ネット、負荷電源ネット、GNDネットを定義する

電源ネット、負荷ネット、GNDネットを選択することによって、DC電源で解析可能なコンポーネントを全て見つけることができます。これには、解析対象のネットを選択するだけです。PDN Analyzerが、既存の受動素子を利用して自動的に信号経路を作成し、ネット間のギャップを埋めます。ネット間の接続を全て追跡する必要はありません。

 

 

define-your-source-power-net-load-power-net-and-ground-net

defining-source-load-and-ground-nets-in-pdn-analyzer

PDN Analyzerでソース、負荷、GNDネットを定義する

 

 

2. 対象となる特定のDC電源に対して、ソースデバイスや負荷デバイスを定義する

全てのソースと負荷はフィルター処理され、DC電源の全てのネットに接続されているコンポーネントのみが表示されます。時間を無駄にせずに、解析のための重要な負荷を簡単に識別できます。デザインの全てのコンポーネントを調べ、適切なコンポーネントを探します。

 

defining-a-source-device-and-load-device-in-pdn-analyzer

PDN Analyzerでソースデバイスと負荷デバイスを定義する

3. ソースネット電圧と最大電流を定義する。

ソースからの電圧と電流を定義することは、解析でPDNがどのように動作するかを判断するのに重要です。PDN Analyzerでは、設計の上限と下限をテストできます。例えば、電流密度の高い領域や予期しない電圧降下の領域を視覚的に確認できます。

 

これらの領域を識別すれば、変更が必要な領域を表示することで、電源の範囲を容易に最適化できます。デザインから削除すべき共振構造が見つかるという利点もあります。

define-source-net-voltage-and-maximum-current

定義されたソースパラメーター

define-load-net-current-and-minimum-voltage-levels-relative-to-one-specific-power-net

定義された負荷パラメーター

4. 特定の電源ネットに対して、負荷ネット電流および最低電圧レベルを定義する

必要な電圧およびコンポーネント負荷からの電流を解析し、PCBでのそれらの適切な利用が可能になります。電圧や電流密度のフローを視覚化すれば、設計が意図したように機能するという安心感が生まれ、また、リターン電流に関する問題を設計で簡単に見つけることができます。

 

PDN解析を全てのPCB設計者に利用できるようにする

current-density-plot-from-load-to-source

負荷からソースへの電流密度プロット

 

これらの4つのステップで、あらゆる経験レベルの設計者が、電源の範囲を縮小、リターン電流の最適化、共振するGNDの削除など、PDN解析の恩恵を受けることができます。設計時にPDNを最適化したい場合は、今すぐPDN Analyzerの無料トライアルに登録してください。

About the Author

David Haboud

David Haboud is a Technical Marketing Engineer at Altium. He studied electrical engineering with an emphasis in computer architecture and hardware/software design at the University of Southern California. David began his career as an embedded software engineer in the aerospace industry and has always strived to make it easier for hardware and software engineers to communicate. During his tenure as an embedded software engineer, he focused on firmware development and data acquisition for auxiliary power units. In his spare time, David hosts and performs in improvisational and stand-up comedy nights in San Diego, California.

More Content by David Haboud
Previous Article
ハイパーループの栄光に向けてのBadgerloopの活動、イーロン・マスクの関心を惹く
ハイパーループの栄光に向けてのBadgerloopの活動、イーロン・マスクの関心を惹く

1月のコンテストでBadgerloopチームのポッドに座ったイーロン・マスク(Elon Musk)の写真を見た私は、開いた口がふさがりませんでした。

Next Article
PCB配線ワークフローの時間節約技術
PCB配線ワークフローの時間節約技術

基板を前にした電気設計者は、設計プロセスの中で配線が最も困難で面倒な部分であることに同意します。しかしながら、インテリジェントなガイド付きの配線技術を使用して配線プロセスの効率を大幅に改善できるとしたらどうでしょう...

Altium Designerの無償評価版を入手する。

無償ダウンロード